憚(はばか)りながら


憚(はばか)りながら

憚(はばか)りながら
後藤 忠政
宝島社
売り上げランキング: 1098

【感想】
同じ静岡県人として、興味を持ったので手に取りました。
アマゾンにすすめられたっていうのも、あるんですけど。。。
生涯を極道として道を究めた生き方をした著者。
繰り返し、筋を通す事の大切さを説かれていました。
筋を通すとは、やはりその前に「大義」がある。
そういう大きな枠組み、理想が必要で、今の日本、これから将来の日本を憂う姿勢に共感しました。
このままでは、いったいどうなって行くのか?
著者の体験だとその時事を同時に掲載し、分かり易く経緯が書かれていて、面白いのであっと間に読めてしましました。
極道の世界のいったんをかいま見た気がして、興味深かった。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊