2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > 2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!

2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!

2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!―エクスペリエンス・マーケティングがあなたの会社を救う!
藤村 正宏
オーエス出版
売り上げランキング: 86692
おすすめ度の平均: 3.5

4 通販サイトの売上アップのヒントにもなります
4 商売には、「しかけ」が必要だ!
5 効果絶大な商売のアイデアの宝庫!
4 わかってるよ!ってホントにわかってます?
5 私はこの手の本好きです。

【感想】
セミナーに出てくるあの有名なことば「伝わってます?」が本の最初に出てきてなぜか、安心感がありました。
「伝わってます?」はっとすると同時に、後々耳に残ることばです。。。
体験を売る事の重要性に特化した内容で面白く、あっと間に読めてしまう。
体験とは、価値であり、価値とはものごとの「本質」を探求することだと感じました。
マーケティング全体の中で、体験価値を強く主張している本は読んだ事ありますが、「体験価値のみ」にしぼって繰り返し、繰り返し伝えられているので、豊富な事例も含めて、その大切さが身にしみる本でした。
今迄は、観念的に分かっているだけだった。
分かったつもりになっていた。
これからは、行動しよう、そう思いました。
顧客接点(point of contact)、情報接点(point of infomation) の大切さを改めて認識しました。
きちんと意味付けし、お客様との接点を提案しているだろうか?
自らの強みを知り、その強みを価値付けし、お客様に提案する。
これが、体験を売る為に必要な過程だと感じました。
Steve Jobsの言葉が思い出されます。
たしか、こんな感じだったような。。
「答えを見ると、最初から分かっていたような気になる。
 なんだ、そんなことか、っと。
 しかし、無駄な情報をそぎ落として本質に行き着く迄にはいばらの道。
 沢山の選択肢を捨てる道を通らねばならない」







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊