はとバスをV字回復させた社長の習慣

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > はとバスをV字回復させた社長の習慣

はとバスをV字回復させた社長の習慣

はとバスをV字回復させた社長の習慣
宮端 清次
祥伝社
売り上げランキング: 9375
おすすめ度の平均: 4.5

5 「天下り役人」と「経営者」を分かつもの
4 山本五十六の言葉を実践!
4 よくある経営者本のひとつ
5 現場主義のすばらしい社長のお話です
5 社長の習慣がはとバス社員の人生を変えた

【感想】
都営地下鉄の建設責任者から、一転して借入金70億円のはとバスへ。
社長自らが覚悟を決め、社員さんにいかに協力してもらうのか、ということが全ての要になると感じました。
時に社員さんに怒られ、時には励まされながら社長という責務をしっかり果たして行こうという本気の著者に感動を覚えました。
現場を大切にし、社員さんの声、お客様の声を軸として組織を引っ張って行き、成果を上げて行く様から勇気をもらえた気がします。
言葉を大切にする事から、「生き残り」という言葉を禁止にして、「勝ち残り」としたことの価値付けに、考えの奥深さが見え共感しました。
ガイドさんが言われた一言が一番印象に残りました。
「プロが選ぶ観光バス30選」ではとバスが日本一になったときのことです。
いわく、
「社長、これで有頂天になってはいけません。そんなものは大事故でもあれば一夜にしてひっくり返ります。プロが選ぶ日本一になるのも結構ですが、本当はお客様が選ぶ日本一にならなければダメです」
こういう社員さんがいる会社ってすばらしいな、と思いました。
「新人ガイドでも、ベテランガイドに勝てる瞬間がある」の箇所は最高でした!
読んだだけで目頭が熱くなりました。
気になる方はぜひ、読んで下さい。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊