あなたが演じるゲームと脚本―交流分析で探る心のうら・おもて

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > あなたが演じるゲームと脚本―交流分析で探る心のうら・おもて

あなたが演じるゲームと脚本―交流分析で探る心のうら・おもて

あなたが演じるゲームと脚本―交流分析で探る心のうら・おもて
杉田 峰康
チーム医療
売り上げランキング: 20308
おすすめ度の平均: 4.0

4 交流分析の基礎がわかる本
5 すばらしいです。
3 焼き直しただけなのは残念

【感想】
自分のものでありながら、心ほど思うようにならないものはない。
全くその通りだと思いました。
高い理想を掲げてがんばっていても、いつのまにか、あきらめてしまっていたり。
心がくじけてしまうことがある。
また、がんばろう!
そんな事を繰り返して、一つずつ克服の体験を経て、成長して行くしかないのだと思いました。
その為には自分自身を知る。
自分を知る事を通して、相手を理解する。
そして、相手からフィードバックをもらい、気づきを深める。
TAを勉強した事があるので、読みやすく復習の意味でも改めて沢山の気づきがある本でした。
いつの間にか始めてしまうゲーム。
どのゲームも結局は敗者の脚本であり、不快な結末感情で終わる。
常に素直で、正しい心のあり方、心構えで日々を過ごそうと感じました。
自分はいったい何を考えているのか?
なぜ、それがしたいのか?
なぜ、拒否反応がおこるのか?
自分自身の中身をじっくりと内省することの大切さを学びました。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊