ドラッカー 日本への言葉


ドラッカー 日本への言葉

ドラッカー 日本への言葉
望月護
祥伝社
売り上げランキング: 100092

【感想】
明治時代のドラッカーが尊敬する3人について、語られている。
福沢諭吉/岩崎弥太郎/渋沢栄一
この大人物達がどのように考え行動してきたのかを振り返りつつ、日本の現状とこれからを教えてくれている。
それとは別に特段、印象に残った箇所がある。
浅野総一郎氏の箇所だ。
公衆便所を無料で設置し、糞尿で儲け、石炭の燃えかすコークスを引き取り、再販。
捨てられているものをもう一度、活かす。
この考え方に感動しました。
今自分が考えているビジネスのコンセプトにぴったり来る!
二宮翁 夜話 「人の捨てざる無きもの」を思い出しました。
また、印象に残った言葉。
「人生に偶然得たるものは、また偶然失うことあり」
福沢諭吉の言葉です。
ドラッカー博士は常に、人に光当てたものの考え方をされていたそうで、とても強く共感できました。
人を大切にする会社づくりを行って行こうと決意しました。







関連記事

  1. スティーブ・ジョブズ II
  2. スティーブ・ジョブズ I
  3. 早起きは3億の得
  4. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  5. スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ
  6. ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす
  7. アップルの法則
  8. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  9. iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
  10. iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり