>はじめに志ありき―明治に先駆けた男 吉田松陰

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆ > >はじめに志ありき―明治に先駆けた男 吉田松陰

>はじめに志ありき―明治に先駆けた男 吉田松陰

>

はじめに志ありき―明治に先駆けた男 吉田松陰
阿部 博人
致知出版社
売り上げランキング: 695214

【感想】

「至誠にして動かざるもの、未だ之あらざる也」
この言葉が好きなので、この本に興味を持ちました。

吉田松陰がウツ状態になり、死に急いだというのを初めて知り、その苦悩の大きさとそこから生まれる真理がるのだと学びました。

ものすごい量の勉強を真剣に行い、志をもって生きる人というのは強いのだなと感じました。
志という観点から悩みがありましたので、とても参考になりました。

30才という若さでなくなった松蔭ですが、50〜60才まで生きていたらどんな功績を残したのか、と考えると残念でなりません。







関連記事

  1. 50歳からはじめる 一生病気に負けない強い体のつくり方: いざというとき、頼りになるのは「筋肉の貯金」です!
  2. マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本
  3. 2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)
  4. ブチ抜く力
  5. 闘いつづける力: 現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦
  6. 不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19
  7. NETFLIXの最強人事戦略~自由と責任の文化を築く~
  8. PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話
  9. 生きがいについて (神谷美恵子コレクション)
  10. アップルさらなる成長と死角 ジョブズのいないアップルで起こっていること