>細井平洲 将の人間学―『嚶鳴館遺草』に学ぶ「長」の心得

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆ > >細井平洲 将の人間学―『嚶鳴館遺草』に学ぶ「長」の心得

>細井平洲 将の人間学―『嚶鳴館遺草』に学ぶ「長」の心得

>

細井平洲 将の人間学―『嚶鳴館遺草』に学ぶ「長」の心得
致知出版社
売り上げランキング: 353681

【感想】

政に関する教えが多く書いてあり、昔の人は勉強熱心だったんだなー、と感心しました。
そう考えると、自分自身、もっと勉強しなくては、と反省しました。

どんな組織も、上にたつもの、長たる者の心構えや人間性が強い影響力を持つのだとあらためて感じました。
リーダーが身を修め、価値観を正しく守り、規則正しいことを行わなければ、自然と組織は崩れ去ってしまうということです。

そういう観点からリーダーはどんなに気をつけても、気をつけすぎることはないと思いました。







関連記事

  1. コロナバブルの衝撃!
  2. マンガでわかる東大読書
  3. 博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
  4. 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書
  5. [婚活ビジネス]急成長のカラクリ
  6. 「アイデア」を「お金」に変える思考ノート
  7. 糖質制限の「主食もどき」レシピ
  8. 知となる、世界の最強名言105: 野村克也を支えた賢者の教え
  9. 麹町中学校の型破り校長 非常識な教え
  10. ロングヒット商品開発者が教える 今ない知恵を生み出す しなやかな発想法-メラキ直り