>下坐に生きる―先哲に学ぶ人生の知恵

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > >下坐に生きる―先哲に学ぶ人生の知恵

>下坐に生きる―先哲に学ぶ人生の知恵

>

下坐に生きる―先哲に学ぶ人生の知恵 (Chichi‐select)
神渡 良平
致知出版社
売り上げランキング: 107827
おすすめ度の平均: 4.5

5 自分の愚かさを認識
4 先哲の教え

【感想】

下座とは「ゲン辺」がついていない外。
土の上に二人が対等に座っている。という仏教から来た言葉だそうです。

森信三氏の「肉体の誕生と魂の誕生」という言葉が深く印象に残りました。
肉体はこの世に生まれているけれども、魂が誕生していないことがある。
自分はどうだろうか?と考えさせられました。

「只、一燈をたのめ」という言葉が好きになりました。

とにかく、目の前のことに必死になり、没頭し、
愚直に継続を積み重ねることによってのみ、道が開けるのだと思いました。







関連記事

  1. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  2. 手塚治虫 壁を超える言葉
  3. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  4. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  5. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  6. 日経新聞マジ読み投資術
  7. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  8. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  9. 「会社四季報」最強のウラ読み術
  10. 卵子老化の真実