>疑人用いず、用人疑わず サムスン創業者・イ・ビョンチョル伝

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > >疑人用いず、用人疑わず サムスン創業者・イ・ビョンチョル伝

>疑人用いず、用人疑わず サムスン創業者・イ・ビョンチョル伝

>

疑人用いず、用人疑わず サムスン創業者・イ・ビョンチョル伝
山崎勝彦
日経BP社
売り上げランキング: 221477
おすすめ度の平均: 4.0

4 世界のサムスンが現在に至るまでの含蓄深い激動の歴史

【感想】

サムスンがいかにして、成長発展を遂げてきたのかがわかりやすく書かれていてとても面白かったです。
創業者の苦難の道を思えば、まだまだ挑戦していない自分を反省しました。

日本と韓国の植民地時代の歴史に触れながら、創業者の立場を解釈してくれている箇所では、日韓の距離が非常に近いことに驚き、韓国という国に対して、親しみを感じました。

論語を中心としたその精神性に尊敬の念を覚え、さらに勉強を重ね、人の気持ちを大切にする必要性を学びました。
また、自らを修めることの大切を感じ、自分自信を振り返って、さらに身を修める努力が必要だと思いました。







関連記事

  1. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  2. 手塚治虫 壁を超える言葉
  3. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  4. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  5. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  6. 日経新聞マジ読み投資術
  7. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  8. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  9. 「会社四季報」最強のウラ読み術
  10. 卵子老化の真実