>3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆ > >3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす

>3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす

>

3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす
ローレンス・トーブ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 12181
おすすめ度の平均: 4.0

3 むずかしい
5 現代の聖書
3 正直、納得感はあまりない
4 面白いというより
5 いやぁ・・この本はヤバイ

【感想】

世界の宗教観や経済について書かれているが、とても難しく感じ、租借することがあまりできませんでした。

わかりやすかったのは、絶対権力者の時代から、商人の時代になり、次は労働者の時代になる、ということ。

経済中心の社会が加速していく中で、特殊技術やブランド化された労働力が強い力を持ち、経済を支えてゆく、ということです。

そして、経済の物質主義から、精神主義へ移行してゆくだろうということでした。
精神主義といえば、宗教観はその中心となり、高い次元の精神性が平和へ導くことも考えられますが、逆に昨今のようにものの考え方の違いから争いの元にもなるので、とてもデリケートな問題だと思いました。







関連記事

  1. コロナバブルの衝撃!
  2. マンガでわかる東大読書
  3. 博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
  4. 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書
  5. [婚活ビジネス]急成長のカラクリ
  6. 「アイデア」を「お金」に変える思考ノート
  7. 糖質制限の「主食もどき」レシピ
  8. 知となる、世界の最強名言105: 野村克也を支えた賢者の教え
  9. 麹町中学校の型破り校長 非常識な教え
  10. ロングヒット商品開発者が教える 今ない知恵を生み出す しなやかな発想法-メラキ直り