>リクルート式 1人1000万の利益を生む人の創り方

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > >リクルート式 1人1000万の利益を生む人の創り方

>リクルート式 1人1000万の利益を生む人の創り方

>

リクルート式 1人1000万の利益を生む人の創り方
小原 瑞穂
PHP研究所
売り上げランキング: 46270
おすすめ度の平均: 5.0

5 ムカつく
5 従業員が楽しく誇りを持てるように働きかけることこそ経営陣の役目
5 とにかく「使える」本
5 笑いながら、学べる初のビジネス書
5 「売れるチーム」をつくるために、Mgrが、メンバーができることって?

【感想】

ヨミ表という者の考え方がとても参考になり、実践しようと思った。

とにかくコミュニケーションが豊富で、自由に発言できる社風だという印象を持ちました。だからこそ、自分の考えを持つ事が大切であり、常に情報発信する責任も、また重いのだと思います。

とても人間くさく、人とのつながりを大切にする社風もまた、自分で取り入れたい要素の一つです。

創業者が残して行った仕組みをうまく利用、改変し、つねに成長し続ける組織はとてもうらやましく感じ、勝ち続ける片鱗を見た気がします。

【目次】

一、最強ツール ヨミ表
 営業日誌なんって書くな
 ヘッドライトを手に入れろ
 あたなは既に共犯者

一、時間
 やらないことを決める
 スピードにこだわる理由
 逆算法で組み立てる

一、営業教育
 すべてはお客様が教えてくれた
 社員が勝手に勉強会
 実は、営業研修やってます

一、勝ち続ける法則
 センスは真似できないが、工夫は真似できる

一、仕事の意味を知る
 売りに行くから売れないのだ
 全ての答えはマーケットの中にある
 会社のために働くな

一、せっかくであった仲間だから

一、本音のコミュニケーションが出来るわけ
 言論自由の保証
 発言する事に意味がある

一、ここまでやっても合わない?
 仕事や上司は自分できめる

一、仕事を自ら創りだす
 お客様が新商品開発者
 やらまいか精神

一、巻き込む
 化学反応
 だからリクルートは勝った







関連記事

  1. ティム・クック-アップルをさらなる高みへと押し上げた天才
  2. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  3. 手塚治虫 壁を超える言葉
  4. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  5. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  6. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  7. 日経新聞マジ読み投資術
  8. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  9. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  10. 「会社四季報」最強のウラ読み術