>平林都の接遇道


>平林都の接遇道

>

平林都の接遇道
平林都の接遇道

posted with amazlet at 09.12.26
平林 都
大和書房
売り上げランキング: 87
おすすめ度の平均: 5.0

4 テレビで放送しつくした感が・・・
5 接遇は徹底的に
5 買って良かった
5 マナーを好きな人はいない。
5 「接遇ができるようになれば、誰もが幸せになれるのです。」(本文から)

【感想】

「接遇」というサービス業や人とのコミュニケーションに書かせない技術を、「これでもか!」というぐらい根本的に極めようとしている著者の熱意を感じました。

「言葉は力なり。ならば味方にしてしまえ!」という一言が強く印象に残りました。言葉には力が宿っている。言葉は力そのものでもある。だから、ちょっとした言葉使いに気を配る、気をつける。さらに、その言葉を味方に付けてしまえ、という訳です。
言葉のもつ大切を実感した文章でした。

また、接遇とは、細かな気遣いの積み重ね。ある意味、当たり前のことをどれだけ掘り下げて熱心に実践できるか、が大切だと思いました。そのためには、何度も何度も繰り返し、体で覚える、体にしみ込ませることが重要だと思いました。
社会では人と接する事なく生きて行くことはできないので、まさに接遇力が必要であり、身につけなければならない技術だと感じました。

【目次】

一、相手に喜んでもらうところから接遇は始まる。

名前を呼ばれたら「はい」の返事

まっさらな反物は染まるのが早い

一、耳に残る言葉がお客様に感動を与える。

復唱は以外な効果を生み出します。

相手にお願いするときは、疑問系で。

一、人と差がつくサービスの心得

企業は「できな人」で判断される。

お客様がときめく言葉を意識しましょう。

一、接遇を身につければ人生うまく行く

とっつきやすい人は一生得をします。

技術や値引きにあぐらをかかない。







関連記事

  1. 卵子老化の真実 (文春新書)
  2. 50歳からはじめる 一生病気に負けない強い体のつくり方: いざというとき、頼りになるのは「筋肉の貯金」です!
  3. マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本
  4. 2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)
  5. ブチ抜く力
  6. 闘いつづける力: 現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦
  7. 不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19
  8. NETFLIXの最強人事戦略~自由と責任の文化を築く~
  9. PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話
  10. 生きがいについて (神谷美恵子コレクション)