>「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆ > >「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!

>「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!

>

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!
池田 千恵
マガジンハウス
売り上げランキング: 29
おすすめ度の平均: 4.5

4 夜ダラダラとよりも、朝すっきりと
5 タイトル以上に得るものがある
4 朝4時とは、魚屋さんか!
4 時間管理の選択肢の幅を広げる気づき
5 20〜30代の方にオススメ!等身大の早起き本。

【タイトル】:「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!
【著者名 】:池田 千恵
【ページ数】:220
【読む目的】:朝四時起きしてどのような生活をしているのか?
【読んだ時間】:60分
【読んだ感想を一言】
朝早く起きたほうが、決まった時刻や遅く起きた場合に比べて、精神的に一日ハリのある生活になることは、自覚していました。

しかし、4時となると超早起き。続けるには、勇気と覚悟が必要だと感じました。
何かに行き詰まり、変革を必要としているときには、試してみようと、引き出しにしまいました。

「全てをガラっと変えたい」という欲求は自分の中で少なからずあるので、4時起きをする日がくるかも?と予感しています。
今は、まだやるつもりはありません。

著者もその必要性を感じながら、徐々に4時起きが実践できるようになったその過程を書いてくれているので、等身大で読む事ができました。
最初からきちんとは、できませんよね。

早起きは「気持ちがよい」。それだけは、実感しています。

—–【目次】—–

1、少しでも楽に4時起きをするには

 ◇朝4時起きをするための割り切り
 ◇自分の睡眠パターンを把握する

2、そもそも私が早起きを始めた理由

 ◇早起きのきっかけ(挫折からの脱却)
 ◇メリットがあるから朝4時起きを続けられる

3、朝4時起きで得した時間を仕事に活かす

 ◇ワタミで学んだこと、実践したこと
 ◇外資系コンサル会社で学んだこと、実践したこと

4、朝4時起きで最適なワークライフバランスを!

 ◇24時間仕事バカよりも、遊びが仕事、仕事が遊び、を目指そう
 ◇仕事を遊びに変えるための、ちょっとしたコツ

5、ワークとライフを上手に融合させる

 ◇手帳によるスケジュール管理
 ◇PC上のカレンダーも活用







関連記事

  1. 賢い子に育つ!0歳からのらくらく子育てカヨ子ばあちゃん73の言葉
  2. 孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術
  3. 麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること
  4. 卵子老化の真実 (文春新書)
  5. 50歳からはじめる 一生病気に負けない強い体のつくり方: いざというとき、頼りになるのは「筋肉の貯金」です!
  6. マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本
  7. 2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)
  8. ブチ抜く力
  9. 闘いつづける力: 現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦
  10. 不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19