>オレなら、3秒で売るね!


>オレなら、3秒で売るね!

>

オレなら、3秒で売るね!
オレなら、3秒で売るね!

posted with amazlet at 09.08.02
マーク・ジョイナー
フォレスト出版
売り上げランキング: 156074
おすすめ度の平均: 3.5

4 キレ味最高!・・・だが
4 一度は読む価値はある。
5 おもしろい!
5 ヒットだね!
3 良い本だけど、日本人は敬遠してしまうなあ。

【タイトル】:オレなら、3秒で売るね!
【著者名 】:マーク・ジョイナー
【ページ数】:253
【読む目的】:ウリを見つけるためのヒントを得る
【読んだ時間】:60分
【読んだ感想を一言】
「オファーこそすべて!」

という考え方が、強く印象に残りました。

究極で言えば、商売とは、物々交換。
相手がお金と交換したい価値がなければ、お金は出さないというシンプルな言い方が面白く、納得させられました。

4つの質問を自分に問いかけることによって、お客様へのウリを創りだすやり方は、すぐやってみようと思いました。
 1、あなたは何を売りつけようとしているの?
 2、で、それっていくらなの?
 3、あなた、信用できるの?
 4、それって、私に何の得があるの?

お客様の耳に届く「メッセージ」をさらに工夫し、単純にし、明快にし、分かり易くする必要が有る、という点で、もっともっと考え工夫する事が大切だと思いました。

そこまで深めてやっていなかったです。
本をパラパラと何度も読み返す事によって沢山のヒントが得られました。

———-【目 次】———-

1、魔法の窓

2、どんなビジネスにも共通のキモ

3、4つの質問

4、「圧倒的なウリ」とは何か?

5、こんなんじゃ売れねぇー!

6、「圧倒的なウリ」のレシピ

7、これが「魔法の公式」だ!

8、ウリを気絶するほど魅力的にする

9、あなたのウリを検証する

10、過去に学ぶ「圧倒的なウリ」

11、最強の口コミ戦略「圧倒的なウリ」と口コミ

——————————







関連記事

  1. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  2. 手塚治虫 壁を超える言葉
  3. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  4. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  5. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  6. 日経新聞マジ読み投資術
  7. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  8. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  9. 「会社四季報」最強のウラ読み術
  10. 卵子老化の真実