>世界一の庭師の仕事術 ‾路上花屋から世界ナンバーワンへ

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆ > >世界一の庭師の仕事術 ‾路上花屋から世界ナンバーワンへ

>世界一の庭師の仕事術 ‾路上花屋から世界ナンバーワンへ

>

世界一の庭師の仕事術 ‾路上花屋から世界ナンバーワンへ‾
石原和幸
WAVE出版
売り上げランキング: 5030
おすすめ度の平均: 4.5

5 エネルギーを与えてくれる一冊
3 自己実現と経営の本
4 働く意味を見直すために
5 人生の境地へ到達!
4 打ち込めるものをもつことのすばらしさ

【タイトル】:世界一の庭師の仕事術 路上花屋から世界ナンバーワンへ
【著者名 】:石原和幸
【ページ数】:207
【読む目的】:路上からどのように世界一になったのか、物の考え方を学ぶ
【読んだ時間】:60分
【読んだ感想を一言】
とにかくエネルギッシュで、すごい行動力に圧倒されました。
その場その場を一生懸命やってきたからこそ、大きな成長を遂げ、力がつき、その力をさらに活かすように挑戦に挑戦を重ね、しんどさを乗り越えたから、世界に手が届いたのだと思いました。

物事に臨む、必死さ、熱意、というものがいかに大切かを教わりました。

また、チェルシーフラワーショーという、何かに取り憑かれるようなほど、飲める込むものに出会える幸せ感、味わってみたい、と思いました。
そのためにも、日々を精一杯、最善を尽くして行こう!と、勇気をもらいました。

自分の仕事になんだか力が入らないときに読んだ本なので、大きく反省させられ、立ち上がる力をもらった気がしました。

———-【目 次】———-

1、はじまりは無許可の路上販売

 ・25才の独立失敗
 ・五坪の花屋が、面積当りの売上日本一に

2、目標を見失った長いトンネルのなかで

 ・人生最大の有頂天。そしてピンチに
 ・借金こそが、宝物

3、借金を背負って、世界一を目指す

 ・世界見た衝撃
 ・世界一?住宅ローンも残っとるとよ

4、たどり着いた場所。そしてこれから

 ・風景があるから人が集まる

5、ぼくは仕事からすべてを学んだ

 ・いいと聞いたら、とにかく見に行く
 ・目標があれば、全て学びになる

6、リーダーがヌケているいるほうが、チームは伸びる

——————————







関連記事

  1. 50歳からはじめる 一生病気に負けない強い体のつくり方: いざというとき、頼りになるのは「筋肉の貯金」です!
  2. マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本
  3. 2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)
  4. ブチ抜く力
  5. 闘いつづける力: 現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦
  6. 不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19
  7. NETFLIXの最強人事戦略~自由と責任の文化を築く~
  8. PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話
  9. 生きがいについて (神谷美恵子コレクション)
  10. アップルさらなる成長と死角 ジョブズのいないアップルで起こっていること