>納棺夫日記


>納棺夫日記

>

納棺夫日記 (文春文庫)
納棺夫日記 (文春文庫)

posted with amazlet at 09.03.31
青木 新門
文藝春秋
売り上げランキング: 19
おすすめ度の平均: 4.5

4 こころの澱が今でも..当時納棺夫の方がいれば...
5 現代思想の集大成
4 繊細な心を持った人に納棺してもらうことは幸せなこと
4 人はどこへゆくのか・・
4 思った以上に深い

【タイトル】:納棺夫日記
【著者名 】:青木新門
【ページ数】:227
【読む目的】:納棺夫の仕事から何を得たのか知る
【読んだ時間】:60分
【読んだ感想を一言】
物語は半分で、半分は死生観についてかかれていました。
難しくて何を書いてあるのかよく理解ができませんでした。

年を重ねると、理解できる日がくるのでしょうか?

「人は自分と同じ体験をし、自分より少し前に進んだ人が最もたよりとなる」
この言葉が一番強く印象に残りました。

今後の仕事に活かせる心構えと感じました。







関連記事

  1. どう書いたらいいの?!がなくなるWeb文章の書き方
  2. 出会い2.0 スマホ時代の「新」恋愛戦術
  3. 井深大の胎児は天才だ―教育は生まれる前からはじめる
  4. 井深大の心の教育
  5. 「ホットケーキの神さまたち」に学ぶビジネスで成功する10のヒント
  6. 仮想通貨 爆速で「億り人」になる最強投資戦略
  7. 大家さんと僕
  8. 「自分」との対話
  9. 元手の100倍稼ぐ 仮想通貨の稼ぎ技 200 (稼ぐ投資)
  10. ビットコイン 仮想通貨超入門