>国語 算数 理科 しごと―子どもと話そう「働くことの意味と価値」

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆ > >国語 算数 理科 しごと―子どもと話そう「働くことの意味と価値」

>国語 算数 理科 しごと―子どもと話そう「働くことの意味と価値」

>

国語 算数 理科 しごと―子どもと話そう「働くことの意味と価値」
岩谷 誠治
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 1734
おすすめ度の平均: 3.5

2 題名と内容が合っていません
5 シゴトの本質
5 3年で転職する前に
5 必ずモトはとれる。遠回りするまえに読むべき
5 薄いが深い本

【タイトル】:国語 算数 理科 しごと―子どもと話そう「働くことの意味と価値」

【著者名 】:岩谷誠治
【ページ数】:151
【読む目的】:商売の本質を学ぶ
【読んだ時間】:60分
【読んだ感想を一言】
仕事とは「約束を守ること」という言い回しが気に入りました。
親が子供に説明する仕事が、とても分かりやすく、
今まで知っている事でも、言い回しが新鮮で、「なるほど!」と思う箇所がいくつもありました。

どうすれば儲かるのか?は一言では言えない難しい問題だけど、あえて言えば2つになる。
1、皆がやっていることを、誰よりも上手にやる。
2、誰もやっていない事をやる

などです。

また、
「収益のブロックをどれだけ高く積めるのか、皆が作戦を練っている」
という言い方も「戦略」を立案する上で、基本に立ち返るべき大切な考え方だと思いました。







関連記事

  1. コロナバブルの衝撃!
  2. マンガでわかる東大読書
  3. 博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
  4. 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書
  5. [婚活ビジネス]急成長のカラクリ
  6. 「アイデア」を「お金」に変える思考ノート
  7. 糖質制限の「主食もどき」レシピ
  8. 知となる、世界の最強名言105: 野村克也を支えた賢者の教え
  9. 麹町中学校の型破り校長 非常識な教え
  10. ロングヒット商品開発者が教える 今ない知恵を生み出す しなやかな発想法-メラキ直り