>上最強の人生戦略マニュアル


>上最強の人生戦略マニュアル

>

史上最強の人生戦略マニュアル
フィリップ・マグロー
きこ書房
売り上げランキング: 176
おすすめ度の平均: 3.5

3 読む人を選ぶ本
5 硬派な自己啓発本
1 内容は「7つの習慣」の7分の1以下?
4 話の通じない人に出会ったら読み返しそう
3 きちんと訳そうよ。。

【タイトル】:史上最強の人生戦略マニュアル
【著者名 】:フィリップ・マグロー (訳:勝間和代)
【ページ数】:429
【読む目的】:自分の人生戦略を立てられるようにする。
【読んだ時間】:6時間
【読んだ感想を一言】
文中の課題に取り組みながら読んだので時間が多めにかかりました。
とにかく、ぶっ飛びました!

「見返りを得る」という考え方は知らなかったので、とても新鮮でした。
で、自分の「見返り」は何だろうと、考えながら課題を進めることによって、自分自身を振り返ることができ、新たな気づきがありました。
「人は自分との対話で自分をプログラムしている」の文章に大いに納得しました。

「あなたはあまりにも早い段階で、あまりに低いレベルのもので手を打ってしまった」の文章にドキッとさせられました。
やるべきことをきちんとやり抜くことの大切さを改めて感じ、反省しました。

自分がうまく行っていない、ブレーキをかけてしまう要因を突き止め、取り除き、本当にやりたいことを掲げたら、覚悟を決めて行動を起こす。そのために、戦略を立てる必要がある。という意味で読みました。

来年もさらにすばらしい年になるよう、今年の反省と、来年の戦略をきちんと文字に書き出そうと決めました。がんばります!







関連記事

  1. ティム・クック-アップルをさらなる高みへと押し上げた天才
  2. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  3. 手塚治虫 壁を超える言葉
  4. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  5. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  6. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  7. 日経新聞マジ読み投資術
  8. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  9. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  10. 「会社四季報」最強のウラ読み術