>マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > >マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった

>マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった

>

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった
ジョン ウッド
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 6515
おすすめ度の平均: 5.0

5 優れた社会起業家を目指す人、それに興味のある人にお勧め
5 <計画を実現できるのはやはり情熱>
5 とにかく飛び込むこと!
5 俺にもできることって??
4 人生は自分で切り開く!!

【タイトル】:マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった
【著者名 】:ジョン・ウッド
【ページ数】:284
【読む目的】:天職はどのようにして見つかったか?
【読んだ時間】:60
【読んだ感想を一言】
マイクロソフトで必死に働いていたからこそ、理想への不満や人生への不安を感じ、それがヒマラヤへ登山する際に立ち寄った学校で、答えのようなものを感じることができたのでは?と思いました。
つまり、目の前にことに誠実に取り組んでいたからこそ、次のステップが見えるようになったのだと感じました。

すばらしいのはそこから、迷ったり不安に思ったりしながらも行動に移すことでした。
行動するからこそ、行動にはずみがついて、次から次へとやりたいことを行う。
寄付することへの大切さ、価値観が変わる本でした。
また読読んでいてエネルギーあふれる楽しい気持ちになり、一気に読んでしまいました。
面白かった!







関連記事

  1. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  2. 手塚治虫 壁を超える言葉
  3. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  4. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  5. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  6. 日経新聞マジ読み投資術
  7. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  8. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  9. 「会社四季報」最強のウラ読み術
  10. 卵子老化の真実