>小が大に勝つための会計学


>小が大に勝つための会計学

>

図解本小が大に勝つための会計学 (中公新書ラクレ 282)
笠原 清明
中央公論新社
売り上げランキング: 57589
おすすめ度の平均: 3.5

2 会計のイロハ本
5 小さな会社でもやっていけるという勇気を貰いました

【タイトル】:小が大に勝つための会計学
【著者名 】:笠原清明
【ページ数】:213
【読む目的】:中小企業ならではの会計注意点を学ぶ
【読んだ時間】:60
【読んだ感想を一言】
単に損益上で原価が安いものを購入すればよいというものではなく、キャッシュフロー上どうあるべきかを考えながら、判断しなければいけないことを学びました。

キャッシュフロー計算書などというものを作成したことがないので、新たな課題として明確になりました。

経営活動をお金の置き換えて会計学的に常にフィードバックすることがいかに大切なのか分かりやすく解説された本で、今後の経営をしていく上でとても役に立ちました。







関連記事

  1. コロナバブルの衝撃!
  2. マンガでわかる東大読書
  3. 博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
  4. 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書
  5. [婚活ビジネス]急成長のカラクリ
  6. 「アイデア」を「お金」に変える思考ノート
  7. 糖質制限の「主食もどき」レシピ
  8. 知となる、世界の最強名言105: 野村克也を支えた賢者の教え
  9. 麹町中学校の型破り校長 非常識な教え
  10. ロングヒット商品開発者が教える 今ない知恵を生み出す しなやかな発想法-メラキ直り