>どんな仕事も楽しくなる3つの物語

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆ > >どんな仕事も楽しくなる3つの物語

>どんな仕事も楽しくなる3つの物語

>

どんな仕事も楽しくなる3つの物語
福島 正伸
きこ書房
売り上げランキング: 424
おすすめ度の平均: 4.5

3 素晴らしいストーリーだが、結果「個人として思考停止」にならないか?疑問が残った
4 心温まる小さな小さな物語
5 何回も読み直します
5 退職の日、人生最後後の日、どれだけの多くの人が惜しんでくれるだろう?
4 今の仕事を楽しもう

【タイトル】:どんな仕事も楽しくなる3つの物語
【著者名 】:福島正伸
【ページ数】:105
【読む目的】:どういう時仕事が楽しいと感じるか
【読んだ時間】:60
【読んだ感想を一言】
タクシー運転手、駐車場の管理人、ペンキ職人という3つの物語で分かりやすく読みやすい内容でした。
共通しているのは、誰か人の役に立ことを感じたとき、自分のやっていることに意味を見いだしたり、価値付けしたりするということです。それこそが、仕事の楽しみや喜びだと感じました。
「人は誰かのために生きている」という言葉が思い出され感動しました。

私も人に役立つような仕事になるよう、とことん追求し、わくわくと楽しみながら仕事ができるよう、がんばっていこう!っと、勇気をもらいました。
とても元気になる本です。







関連記事

  1. 賢い子に育つ!0歳からのらくらく子育てカヨ子ばあちゃん73の言葉
  2. 孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術
  3. 麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること
  4. 卵子老化の真実 (文春新書)
  5. 50歳からはじめる 一生病気に負けない強い体のつくり方: いざというとき、頼りになるのは「筋肉の貯金」です!
  6. マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本
  7. 2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)
  8. ブチ抜く力
  9. 闘いつづける力: 現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦
  10. 不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19