>最後の授業 ぼくの命があるうちに

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆ > >最後の授業 ぼくの命があるうちに

>最後の授業 ぼくの命があるうちに

>

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
ランディ パウシュ ジェフリー ザスロー
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 34
おすすめ度の平均: 4.5

5 誰もが経験できることではない
1 日本人ってこういった本にひっかかりやすい
5 ■心に響きますね■
5 メッセージを受け止め、歩き出す
5 子供に遺したい一冊

【タイトル】:最後の授業 ぼくの命があるうちに
【著者名 】:ランディ パウシュ ジェフリー ザスロー
【ページ数】:254
【読む目的】:著者の生き方を知る
【読んだ時間】:60
【読んだ感想を一言】
膵臓がんに10個の癌があり、余命長くて半年を宣告されてから、最後の授業を行うパワーと意志の強さに感動しました。

「ひたむきに取り組む」という言葉が印象に残りました。
人より長く働けばそれだけ多くの事を学び、有能になり、幸せになれる。近道は、一生懸命やるだけ、ただそれだけだ、と言い切っていました。

「何を言ったかではなく、何をやったか」が重要という箇所では、自分を振り返り、深く反省しました。







関連記事

  1. 賢い子に育つ!0歳からのらくらく子育てカヨ子ばあちゃん73の言葉
  2. 孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術
  3. 麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること
  4. 卵子老化の真実 (文春新書)
  5. 50歳からはじめる 一生病気に負けない強い体のつくり方: いざというとき、頼りになるのは「筋肉の貯金」です!
  6. マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本
  7. 2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)
  8. ブチ抜く力
  9. 闘いつづける力: 現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦
  10. 不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19