>二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか?―人口減少社会の成長戦略

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > >二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか?―人口減少社会の成長戦略

>二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか?―人口減少社会の成長戦略

>

二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか?―人口減少社会の成長戦略 (文春文庫 い 17-14)
猪瀬 直樹
文藝春秋
売り上げランキング: 62529
おすすめ度の平均: 4.5

4 分度が現代日本を救うアイデアかも知れない・・・。
4 なぜいま二宮の銅像が建てられないのか?
5 ファイナンシャルプランナー二宮金次郎
5 人口が減少する社会への対処法
5 本当に銅像になる価値のある人だった

【タイトル】:二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか?―人口減少社会の成長戦略
【著者名 】:猪瀬直樹
【ページ数】:205
【読む目的】:人口減少という環境では、成長のためにどのような事を考えればよいのか?
【読んだ時間】:60
【読んだ感想を一言】
今まで二宮金次郎を読んだ中で、知らなかった切り口で書かれていて新鮮でした。薪(たきぎ)を背負った姿は、単に努力というだけではなく、江戸時代には支出の15%にあたる部分を薪などのエネルギーにかかっていたので、とても効率の良い換金商品だったということです。これが薪を背負っていた事の本当の意味だそうです。

人口が減少してく環境では、片や徹底した効率重視をし、片やもの作りの伝統を活かして、一人当たりの生産性や利益を増やす事を追求する、という言葉が印象に残りました。

金融の技術を身につける事は、現代ではとても大切で必要な事だと学びました。
勉強しなくちゃ。







関連記事

  1. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  2. 手塚治虫 壁を超える言葉
  3. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  4. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  5. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  6. 日経新聞マジ読み投資術
  7. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  8. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  9. 「会社四季報」最強のウラ読み術
  10. 卵子老化の真実