>下がり続ける時代の不動産の鉄則

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆ > >下がり続ける時代の不動産の鉄則

>下がり続ける時代の不動産の鉄則

>

下がり続ける時代の不動産の鉄則 (日経ビジネス人文庫)
幸田 昌則
日本経済新聞社
売り上げランキング: 187041
おすすめ度の平均: 4.0

4 2006年以降地価はどう動くか?
4 東京の未来は?

【タイトル】:下がり続ける時代の不動産の鉄則
【著者名 】:幸田昌則
【ページ数】:266
【読む目的】:不動産を購入するときの知恵を学ぶ
【読んだ時間】:60
【読んだ感想を一言】
住宅に関して言えば、特に女性は新築重視になりがちだが、
新築ほど後々の資産ロスが大きく、リスクも大きいので、
中古ねらいが良い、ということでした。

また、不動産価格については、バブル期と比較して何分の一とか何十分の一という考え方はまったく役立たずで、当該不動産からどのぐらいの収益が見込めるか、ということが大切、という言葉が印象に残りました。

不動産は、「必要なとき」「必要な分だけ」購入するのが正解で、必ず「価値が下がる」という前提で対処する事が間違いなさそうだと思いました。
持たざる経営に徹した方が良さそうです。







関連記事

  1. 賢い子に育つ!0歳からのらくらく子育てカヨ子ばあちゃん73の言葉
  2. 孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術
  3. 麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること
  4. 卵子老化の真実 (文春新書)
  5. 50歳からはじめる 一生病気に負けない強い体のつくり方: いざというとき、頼りになるのは「筋肉の貯金」です!
  6. マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本
  7. 2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)
  8. ブチ抜く力
  9. 闘いつづける力: 現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦
  10. 不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19