>幸せの心理学―人生を幸福に生きたい人のために〈上〉

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > >幸せの心理学―人生を幸福に生きたい人のために〈上〉

>幸せの心理学―人生を幸福に生きたい人のために〈上〉

>

幸せの心理学―人生を幸福に生きたい人のために〈上〉
田舞 徳太郎
致知出版社
売り上げランキング: 104868
おすすめ度の平均: 3.0

1 入口製品
5 自己探求にはもってこい
1 基本的に人の幸せは自分でしか決められない
4 自己の気づき

【タイトル】:幸せの心理学―人生を幸福に生きたい人のために〈上〉
【著者名 】:田舞徳太郎
【ページ数】:289
【読む目的】:幸せになるためには何が大切か。
【読んだ時間】:60
【読んだ感想を一言】
幸せになるためには、人間関係が大切だと学びました。
そのためには、自分自身を知ることが土台となる、の考え方に共感を覚えました。
常に、自分OK・他人OKの心理状態でいられることが大切だと感じました。

また、私は人前で感情を抑えてしまうほうなので、でるだけ自然に感情が出せるように自分に許可してあげたいと思います。
正直に好き嫌いをはっきり意思表示できる人間になりたいです。
そして、誰にでも親切に、愛情を持って接するようになりたい、そう思いました。

幸せになるかどうかは、どのような人間関係を持つかによって決まるからです。







関連記事

  1. ティム・クック-アップルをさらなる高みへと押し上げた天才
  2. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  3. 手塚治虫 壁を超える言葉
  4. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  5. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  6. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  7. 日経新聞マジ読み投資術
  8. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  9. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  10. 「会社四季報」最強のウラ読み術