>BS経営のススメ―強くて良い会社をつくる経営の王道とは

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > >BS経営のススメ―強くて良い会社をつくる経営の王道とは

>BS経営のススメ―強くて良い会社をつくる経営の王道とは

>

BS経営のススメ―強くて良い会社をつくる経営の王道とは
木村 勝男
幻冬舎メディアコンサルティング
売り上げランキング: 36230
おすすめ度の平均: 5.0

5 リセットしたいときにオススメ!!

【タイトル】:BS経営のススメ―強くて良い会社をつくる経営の王道とは
【著者名 】:木村勝男
【ページ数】:207
【読む目的】:BS経営とは何か?
【読んだ時間】:60
【読んだ感想を一言】
P/L(損益計算書)の目標はどの企業でも設定しているが、B/S(貸借対照表)ベースでの目標設定している企業はすくない。
「税金川」をわたって資本金を自己資本を太くすることにより、P/Lも押し上げられる、という文章が印象に残りました。
10人という社員数で資本金21億円までになったのはすごいと思いました。
社員一人当たりのモノサシで大企業に勝つ、ということばに感動しました。

読書や登山、英会話と課題と思えると次々と目標設定して達成していく習慣はとても大切で、真似をしてみようと思います。
前向きな精神力がとても勉強になりました。







関連記事

  1. ティム・クック-アップルをさらなる高みへと押し上げた天才
  2. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  3. 手塚治虫 壁を超える言葉
  4. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  5. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  6. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  7. 日経新聞マジ読み投資術
  8. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  9. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  10. 「会社四季報」最強のウラ読み術