>いい会社をつくりましょう


>いい会社をつくりましょう

>

いい会社をつくりましょう。
塚越 寛
文屋 (2004/09)
売り上げランキング: 19884
おすすめ度の平均: 4.5

4 大きな視点
5 日本流の経営
5 さすがですね、、、

【タイトル】:いい会社をつくりましょう
【著者名 】:塚越寛
【ページ数】:217
【読む目的】:経営に対する塚越社長の心構えを知る
【読んだ時間】:60
【読んだ感想を一言】
シンプルな幸せになる事というのが一貫して書かれていました。
また、「学んで道をしらざれば 学ばざると同じ」という二宮尊徳さんの言葉が印象てきでした。「道」とは「本来あるべき姿」であり、目的であることを学びました。さらに、立派な人間とは、人の役に立つ人間だと明確におっしゃられていることに共感を覚えました。
何度かでてくる「遠くを計るものは富み 近くを計るものは貧す」ということばが好きになりました。
何度も繰り返し読みたい本です。







関連記事

  1. ティム・クック-アップルをさらなる高みへと押し上げた天才
  2. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  3. 手塚治虫 壁を超える言葉
  4. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  5. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  6. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  7. 日経新聞マジ読み投資術
  8. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  9. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  10. 「会社四季報」最強のウラ読み術