>二宮尊徳 一日一言


>二宮尊徳 一日一言

>

二宮尊徳一日一言―心を耕し、生を拓く
寺田 一清
致知出版社 (2007/07)
売り上げランキング: 1156

【タイトル】:二宮尊徳一日一言
【著者名 】:寺田一清
【ページ数】:213p
【読む目的】:強い人とは
【読んだ時間】:60分
【読んだ感想を一言】:
尊徳翁の圧倒的なパワーに感動しました。
人を思いやり、自分に厳しくする事ことを通して自己を修練するからこそ、
強くなれるのだと感じました。
年老いて病で衰弱した身であっても
「いやしくも身公命を奉じて民衆を率いるもの、
たとえ病を養うとはいえ、
安眠美食をむさぼるのは、
予が主義の許すところならず、
予は倒れて後止むものなり」
と言われたそうで、その心構えに心から尊敬します。
強い人間になりたい!







関連記事

  1. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  2. 手塚治虫 壁を超える言葉
  3. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  4. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  5. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  6. 日経新聞マジ読み投資術
  7. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  8. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  9. 「会社四季報」最強のウラ読み術
  10. 卵子老化の真実